ハロウィンの歴史

ハロウィンの歴史

ハロウィンの歴史について学びましょう。

 

ハロウィンの原型は2,000年以上前に行われていた
ケルト人の宗教行事です。

 

秋の祈りを感謝する収穫祭とされています。

 

亡き家族や友人を偲ぶことも行われて、
後にキリスト教にも取り入れられるようになったのです。

 

ケルト人の暦では、年の終わりは10月31日で、
その夜には死んだ者の霊が家族のもとを訪ねたり、
魔女や精霊が出ると言われているんです。

 

ハロウィンは古代ケルトの信仰にも
非常に深い関連があります。

 

1年の始まりである11月1日になると、
ドルイド
(ケルト人の祭司であり、政治的にも社会的にも大きな権力を持っていた)

 

によって祭事に使われた火の燃えさしが配布され、
かまどの火をつけて、家に悪霊が入らないための
魔除けに使ったそうです。

 

ここから「ジャック・オー・ランタン」へと変化していったのです。

 

ハロウィンが現代の形へと移っていったのは、
ケルト人へのキリスト教改宗を推進した601年のこと。

 

それ以降、ハロウィンはヨーロッパの各地で行われる
地域に根ざした伝統行事から、
キリスト教の行事としても行うようになりました。

 

ハロウィンが今のように賑やかなイベントとなり始めたのは、
アメリカにアイルランドからの移民が渡ったことがキッカケになり、
アメリカから世界中へと広まっていったのです。

 

日本にハロウィンが知られたのは、
『E.T.』や『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』などの

 

映画の影響が大きいと言われており、今では日本各地で
ハロウィン関連の催し物が開かれ、盛り上がりを見せております。