ハロウィンとジャック・オー・ランタン

ハロウィンとジャック・オー・ランタン

ハロウィンに欠かせない物といえば、
「ジャック・オー・ランタン」というものがあります。

 

一度は目にされたことがあるのではないでしょうか?

 

カボチャの中をくりぬき、
中にろうそくを入れたランタンで、
目や口の形に抜くのが特徴になります。

 

三角の目鼻に、むき出しの歯と端が吊り上って
口元は怖くも見えるのですがが、
良く見ると、ひょうきんなイメージがありますよね。

 

ジャックランタンやカボチャちょうちんとも呼ばれていて、
オレンジ色をしたアメリカなどで作られる
ハロウィン用のかぼちゃを使うのが一般的です。

 

ハロウィンの時期になると大小様々な大きさの、
おもちゃカボチャというユニークな色形が
楽しい観賞用カボチャも多く売られています。

 

実はカボチャが使われるようになったのは
とある伝説があるからなんです。

 

ハロウィンにはジャック・オー・ランタンの伝説があり、
その昔、口が悪くて大酒のみのウィルという男がいました。

 

あまりに素行が悪かったせいか、
ウィルが死んだ時も天国に行けなくて、

 

地獄にも行けず、
結局暗闇を漂うことになりました。

 

それを見ていた悪魔が燃える石炭を与え、
ウィルはカブをくりぬいて作ったランタンにして
地上に戻っていったそうです。

 

この伝説では、ランタンに使われているのはカブですが、
アイルランドからアメリカへの移民が行われるにつれて、

 

カブよりもカボチャの方が作るのがラクということに気づき、
カボチャをくりぬいたジャック・オー・ランタンが定着したそうです。

 

作成するのに1時間も掛からずに
完成するくらい作るのも魅力ですので、
ハロウィンの飾り物として作ってみるのもよいですね。