ハロウィン ジャックランタン作り

ハロウィンのジャックランタン作り

ハロウィンでおなじみのジャック・オー・ランタンって
手作りできるのでしょうか。

 

ハロウィンを盛り立てるのに必須アイテムのジャックランタン。
市販のランタンもよいのですが、自分で作るとより楽しいですよ。

 

手作りしたハロウィングッズでパーティをすると、
より暖かみが感じられます。

 

ハロウィンには欠かせないランタンは、
日本ではプラスティック製の物がメインで販売されていますが、
本場は生のカボチャを使うのが基本です。

 

作り方は結構と簡単で、カボチャの上部分を切り取ってから
種をスプーンなどで取り除き、ナイフを使って目や口を切り出すんです。

 

ナイフは細かい切込みが入れやすいように、
小さめのものが使いやすいです。

 

かぼちゃは固いですから、切り抜く際は
十分に注意してカットしましょう。

 

中をきれいにしたら、小さめのキャンドルを入れて火を灯し、
切り取った上部分のふたをかぶせば完成となります。

 

ランタンの周りに骸骨やお化けのグッズを置くと、
より不気味に見えます。

 

安全のために火を使いたくな場合、、
カボチャが手に入らない場合は、
身近な物で代用することができます。

 

紙粘土で作ったカボチャに絵の具で色付けをすると、
ハロウィンをお子さんと一緒にしても楽しめます。

 

ジャックランタンがプリントされた布地を
飾ってみるのもオススメです。

 

カボチャのぬいぐるみを作るのも良いでしょう。

 

オレンジ色のタオルを丸めて黒の毛糸で
目や口の刺繍をするのと、簡単に作れますよ。

 

オレンジ色の風船に黒マジックで顔を書いてみたり、
折り紙で作るのも簡単なので、人気です。

 

ハロウィンで自分オリジナルのジャック・オー・ランタンを
仲間とワイワイしながら、作ってみませんか?